FC2ブログ

2020-09

アディのお気に入り

はじめまして。
ええ、私がアディリシアよ。アディでいいわ。
あなたが新任のハンターさんね。まぁ上がって、中で話しましょ。
今お茶淹れるわね。塩ミルクティーとウォ-ミル麦茶どっちがお好みかしら?

私は古龍観測所の研究員をしているの。…と言っても今はある事情でドンドルマには
居られなくなってしまったから、こうして故郷のジャンボ村に帰ってきたのだけどね。
いまでも毎日、村から気球に乗って観測を続けてはいるけど、まぁ気楽なものよ。
望遠鏡をのぞいて定期観測をしながら、気まぐれで周辺の狩猟行動中のハンターに
信号を送ったりね。それ以外は風の音を聴きながら本を読んで過ごしているわ。
私は研究員だから図書館の本は借り放題だしね。見晴らしの良い景色なんてとうに
見飽きてしまったし。あ、サボってるんだろうとか思ったでしょ?
支部から送られてくる資料や文献にだってちゃんと目を通してるんだからー!
むぅ、まぁいいわ。

最近読んで面白かった本?そうね、えーっと…。
あったわ、これよ。ふふ、流行りの恋愛小説なんかじゃないわよ?
れっきとしたハンターズギルド出版のハントノベル。
まあ、知らなくても無理ないわ。すっごくマイナーな本だもの。
著者はジュジュ=R=メーベルト。聞いたことないでしょ?
これはロックラックの図書館から取り寄せたものなのよ。

ロックラック、あなた行ったことある?すごく良い処らしいわよ!
え?埃っぽいところには行きたくない?ふふふっ。
確かに大砂漠のど真ん中に構えてる街ですものね。外に洗濯物なんて干しておけないかも。
でもね、私は行ってみたいと思ってるわ。
なんでも、ギルドの酒場は空の下にあるそうよ。星空を望みながら砂の浮かぶビールをあおるのも
乙なものでなくて?まあ、若い人には解らないか。
それにね、ロックラックはどこのギルドよりも流通が滑らかで、ハンターも暮らす街人もみんな
生き生きしているのよ。活気のある市場の風景、私大好き。歩くだけでワクワクするじゃない?
そうそう、もっとも興味深いのは大砂漠の古龍、峯山龍ね。まぁ、それが私の本分だしね。
峯山龍ジエン・モーランは、背中に希少な鉱石を多分に含んでいる事から豊穣の象徴とされている
のだけど、なんとロックラックではその狩猟を街を挙げてお祭りにしちゃってるのよ!
すごいと思わない?そんなのドンドルマでは考えられなかったこと。うん、なんていうのかしら。
古龍迎撃戦においてはどちらも危険なことには変わりないのだけど、砂の海から帰ってきた彼らは
とても晴れやかな顔をしているの。死線を越えた直後なのによ?信じられる?
あら、私も行ったことがないのになんでそんなことが言えるのかですって?
だって、この本に書いてあったんですもの。

本の内容自体はありふれたヘビィガンナーの狩猟記。特筆すべきものは取り立ててないわ。
狼の名を名乗る少年が重弩と向き合う中で得たものや仲間を語る、それだけの物語。
モンスターの攻略法だったり希少素材の入手法だったり…ハンターが欲しがるような情報なんかは
あまり書かれてないの。
著者もハンターだったみたいだけど、凄腕ということはなくて平凡なハンターだったみたいね。
ただ、猟装店を開くくらいだからお洒落には相当うるさい人物だったらしいわ。
それも見てくれが良いだけのお洒落じゃなくて、あくまで実戦的なお洒落に拘っていたそうよ。
ハンターとしてよりコーディネーターの方が有名だったんじゃないかしらこの人…。
ヘビィボウガンのことについては特に拘りを持っていたみたいね。
狼の少年には人気のある名銃やチューンアップスキルを積んだ猟装は持たせず、
ただ一挺の愛銃を背負わせて世界を巡らせるのよ。ハンターとしては異端よね。
それに、書いてるのはいつまでたっても流行らない通常弾や回復弾のことばかりだわ。
あなた興味ある?…言わなくてもいいわ。顔に書いてる。
とにかくね。都会で注目を集めるような、制限を強いて難関を打ち破る!とか、
強い武器やスキルでより早くモンスターを狩る!とか、そういう刺激的な物語なんかじゃないのよ。
じゃあ何が面白いのか?そう思うでしょ。

ただありふれた日常を書き綴る。本来描かれない場面にこそ筆を執る。
狩猟の栄光と理不尽な死を隣り合わせた日々を生きるハンターにとって、
これほど難しいことはないわ。
だって、生き抜くための情報や少しでも強い武器の素材の方がハンターには大事ですもの。
狩りの腕を上げるにつれて、狩猟にかかる時間を一分一秒縮めるのに躍起になったりだとか、
あらゆる手法を用いて楽にモンスターを狩ることだとか。それらに命を費やすハンターがほとんど。
狩りの喜びや世界の素晴らしさ。その泥臭さや残酷さ。
その日常を想うハンターは意外に少ないのよ。…わかるの。私もハンターだったから。
この本のページをめくると忘れてた自分の日常を思い出せる。そんな気がするの。

なぁに?あなたも興味が湧いてきた?ふふん、隠さなくてもよろしい!
貸してあげるから是非感想聞かせて。あ、でもお礼は弾んでちょうだいね?あはっ、冗談よ。
もしかしたら、この本があなたのハンターとしての人生を変えることがあるかしれないわ。
なんてね!そうそうタイトルは……


「オオカミの狩猟目録」よ。


関連記事

● COMMENT ●

砂塵に乗せた手紙

ぼるさん、こんにちは~
砂塵の街では(主にぼるさんがw)ご無沙汰してます~
久々にこちらに顔出してみました♪

さて、なにやら趣向の異なる記事のようなので、コメントも若干趣向を変えて・・


親愛なるヴォルフ殿

花も咲きほころぶ季節となりましたが如何お過ごしでしょうか。
私はこの頃狩りに出ることがめっきり減ったせいか、狩りに出ても戸惑うことしきりです。
その中で、この地まで届くヴォルフ殿の異郷の地での活躍を聞くたび、嬉しさと懐かしさが
こみ上げてきます。
遠い地にあってはまみえることも難しいでしょうが、お身体にはくれぐれも気をつけてください。

                                  次に出会えることを楽しみにして
                                    あなたの友 リディア


というような殊勝な手紙を書くはずも無く、たまには顔を出してもらって(私のお手伝いとしてw)
一緒に狩りに行きましょうね~w

暇だったから手紙書いただけよ///

突然いなくなって何日たつと思ってるのよ、たまにはロックラックにも顔出しなさいよね(`Д´)
べ別に寂しいとか会いたいとかじゃないんだから///

最近は私も旧友に誘われてユクモの温泉に浸かりながらのらりくらりと狩猟生活を送ってるけども週末(日曜日)にはロックラックに帰ってきてるんだから。
いつまでもコントローラーの真ん中にいてられないんだから(´д`)

のんびりが嫌で飛び出しユクモ、今ではそれがいいなんて思うのは老いたからかしら?
ロックラックの仲間を旧友と呼ぶにはまだ早くなくて?
たまには泥と埃にまみれるのも楽しいかもね(〃▽〃)
つ、疲れたらいつで戻ってきていいんだから///

PS
今度ラクーンシティ行くんだけど、どうしてもって言うんなら遊んであげない事もないわよ?

封筒に詰める想いと砂>りじーさん

『 親愛なるリディア殿

爽やかな風が花々を躍らせて新緑もえる季節となりましたね。
あなたはお元気に過ごされているでしょうか。

僕はと言えば、先日までちょっとした病にかかり床に伏せておりました。
村の自室の窓辺からロックラックやタンジアに向かう交易船を眺めては、
皆との狩りを想う日々を過ごしていました。

少々時間はかかりましたが、今は体調も良くなりましたので次の便には
ロックラックに渡航しようと思っています。
タンジアに戻るのはしばらく先になるでしょう。

この文が届くのが先か、僕が着くのが先か。
どちらにしてもリディアや皆に早く元気な様子をお目にかけたいと
気持ちが逸ります。もう少しだけ待っていて下さい。

再びあなたと狩りに出ることを夢見て

あなたの友 ヴォルフ 』



なんて手紙を子供のぼるるが書けるのか甚だ疑問ですがお返事でした。
お待たせしてごめんね; お手紙ありがとう!
こういう趣向を凝らしたコメントは大好きです♪またお待ちしてまーす。

では、砂の街で。

お返事しちゃうんだから///>茖悟干紕さん

茖悟干紕さん、いらっしゃい!
当て字かと思って頑張って読んでみたけど全然読めませんでしたよ
このやろー!ご無沙汰して申し訳ないね。お手紙ありがとう!
とりあえずお名前は「スタート」さんと読んでおきます(笑

なんだかよくわからないんだけど、とにかく会いたくなったよ。
次にロックラックに行ったときはお邪魔させてもうらうぜぃ♪
んでもってユクモでもラクーンシティでも付き合ってやろうじゃないのっ!
あ、でもラクーンシティ行きのチケットは用意してくれるんだよね?

コメントありがとう!またいつでもお待ちしてますv
ではまた砂の街で。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dmc888.blog82.fc2.com/tb.php/137-bfff28df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダイヤモンドダストをもう一度 «  | BLOG TOP |  » 重弩を背に担う者【膝射編】

Writer

*JuJu*

Author:*JuJu*
日々の狩猟記録や、狩りに纏わるお話を綴っています。
重弩を用いた攻撃支援術専攻。

dos:JuJu
P2G:JuJu
WiiG:JuJu
tri:JuJu,Volf
P3:Kirsch
triG:Volf

Produced by しゃる
※当ブログのバナーです。
ご自由にお持ち下さい。

Twitter

Recent

Comments

openclose

Index

MH3 (59)
一匹狼 (12)
愛銃・猟装 (7)
デュオ (5)
雑記 (33)
MH3G (16)
MHP3 (5)
MHP2G (9)
未分類 (10)
MH4G (0)

Tag Cloud+Search

Link

Owner's Link

Guns Clan (BBS)

Mail

お問い合わせはこちらから。
お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

About

当ブログの「モンスターハンター」シリーズに関する事項の著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。

Visitor