FC2ブログ

2020-09

闘角士、砂原にて

闘角士、砂原にて

ベースキャンプからほど近い岩壁の淵。
アリ塚が高々と立ち並ぶ半砂漠地帯を見下ろせるその場所に、彼女はいた。

その傍らには蜂の巣と化したリノプロスが二体横たわる。
少し熱を帯びた愛銃のディアーカを背負いなおした彼女は、鮮やかなミントブルーの
ルドロスコートのポケットから双眼鏡を取り出し、その場に腰を下ろした。
目に宛がったその丸いガラスが映したのは、堅牢な二本の角を備えた大きな砂の塊だった。

「2300前後ってとこかな。」

その塊をじっと見つめながら続けて何かを呟いたかと思うと、
天に翳した右手から不機嫌そうな顔を覗かせて、ジリジリと照りつけて肌を焼く太陽を
切れ長の眼を細めてキッと睨んだ。
ポケットに双眼鏡をしまって、代わりにお気に入りのミントフレーバーのガムを取り出し口に含む。
鼻腔を優しく撫でるミントの香りと冷感に、不機嫌そうなその表情を少し緩ませたようだった。
その後に飲むクーラードリンクが、またたまらないんだとかなんだとか・・・。

左手で砂を掻き、右足で蹴って前転する。重量70ものボウガンを背負っているとは
思えないほど身軽にその体を起こした彼女は、一散に駆け出した。

先の目標は洞窟前広場のもう一方の砂の塊。
上位ハンターには「4本の角」として知られるその狩猟に挑んだのだった。

                    ―オオカミの手記「闘角士、砂原にて」より抜粋ー

          


盟友のビエネッタ氏が当掲示板に置いていった冒頭風マンガを取り出して、
僕なりに一筆添えてみました。だって掲示板の画像スレだけにってんじゃもったないんだもの(笑

どうでしょ、よく描けていると思いませんか?
ペン入れがされていないながらも滑らかな作画と、本来ゲームの中では触れられることのない
ハンターの内情がさりげなく画かれています。
こういった隠れた部分をすくって遊想するのが大好きな僕には大いにツボにはまったわけでして。
たった一枚の原稿からこれ位は書けてしまうのでしたv
これを観て下さった皆さんも、この後の彼女の動向なんかをぜひぜひ想い浮かべてみて下さいませ!
さらにはご自身のハンターライフの片鱗に、こういうちょっとした遊想を加えると、
今までは知りえなかった新しいモンハンの世界が視えてくるかもしれませんね。

さて、この場を借りて祝電をば。
ディアーカ4本達成おめでとうっ!!

追伸。
いい加減ソロリスト作んなさいよ(笑

関連記事

● COMMENT ●

お恥ずかしいかぎり…

お世話になります。ビエネッタです。

こういう感じになりますかそうですか…
いやはや、拡大していただくと…  下手なのがバレますね!w

そしてたった4コマなのに、行間読みすぎですよ~w

これを描いた時のイメージなのですが、
4本達成に向けての砂原通いが基だったりします。
一人部屋に篭って黙々と研究しました…

その研究内容とは、
『ディア見極め無し最短捕獲に向けた、消費弾数からのダメ透過率算出』
なんてね!w

…そうです…4本は両捕獲しか無理と踏んで、そこに絞ったのでした♪

日焼けの甲斐あり、無事達成の運びとなり。
勢いで思い出を残してみたという寸法なのです!

(しかし、コピー用紙にシャーペンで描いた落書きが
物語になるとは…)

記事に取り上げてくださり、ありがとうございます~♪

     (…ボロスTAといい、ネッタの砂原出頭率は 異常。)

日焼けたネッタ画伯と祝杯を>びえねったさん

ネッタん、いらっしゃーい!

いあいあ、奔騰に良く描けてるよ!
画質については編集でごまかしてみたけど、僕の技術が至らずで申し訳ない;
元の画像が小さいから荒はどうしても目立つね(笑

「画」をみたときに膨らんだ想像のままに筆をすすめてしまったんだけど・・・。
これは余計だったかなーと今思います(笑
でも、それだけ掻き立てられるものがあったということなのだよ!

ディアーカ4本達成の裏舞台、街でも聴かせてもらったね。
緻密な研究と努力の賜物だと思います。おめでとう!

物語の始まりはきっと。
ネッタがディアーカに出逢ったその時だったんじゃないかな。
その過程がたまたま収まったのがコピー用紙だったのさ(笑
「ネッタ×ディアーカ」の旅の終着点はまだまだ先だろう?
これからもその挑戦を傍で応援していくよ!
(聴いた感じでは片討伐、片捕獲がいけるのでは・・・とかねw)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dmc888.blog82.fc2.com/tb.php/99-6045be20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オサレコンテスト×ひなたのページ様のご紹介 «  | BLOG TOP |  » 囲ムー会れぽ!後篇

Writer

*JuJu*

Author:*JuJu*
日々の狩猟記録や、狩りに纏わるお話を綴っています。
重弩を用いた攻撃支援術専攻。

dos:JuJu
P2G:JuJu
WiiG:JuJu
tri:JuJu,Volf
P3:Kirsch
triG:Volf

Produced by しゃる
※当ブログのバナーです。
ご自由にお持ち下さい。

Twitter

Recent

Comments

openclose

Index

MH3 (59)
一匹狼 (12)
愛銃・猟装 (7)
デュオ (5)
雑記 (33)
MH3G (16)
MHP3 (5)
MHP2G (9)
未分類 (10)
MH4G (0)

Tag Cloud+Search

Link

Owner's Link

Guns Clan (BBS)

Mail

お問い合わせはこちらから。
お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

About

当ブログの「モンスターハンター」シリーズに関する事項の著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。

Visitor