FC2ブログ

2012-02

悲哀の煌めき、再び。≪後編≫

―≪前編≫はこちら


?―王立古生物書士隊著 アルバトリオン生態報告書より― 
【煌黒龍アルバトリオン】
全身に逆向きに生えた逆鱗を持つ古龍であり、前方に突き出るように生えた特徴的な頭のトサカには角が無数に生えている。生態はおろか、存在すら疑問視されていたモンスターあるため、モンスターリストでも容姿が描かれていない。
だが、神域を調査した王国の地質調査員が発見した航海日誌が、その謎を解明するに至った。

『アルバトリオンが根城にする火山地域で謎の墜落事故を起こした飛行船は、その一部が強力な炎で溶けていることはおろか、凍り付いていたり、電気で焼け爛れていたりと、火山の自然現象や火山に棲む一般的なモンスターの仕業とは考えられない状態で発見されていたことから、畏怖の念をこめてその一帯は「神域」と呼ばれている。
 記録そのものは殆ど残っておらず、ギルドの飛行禁止区域に迷い込む船や密輸船の墜落事故の原因を調査した書士隊の1人が遺した航行日誌に、「炎の雨」「落雷」「猛吹雪」などの急激な天候変化の観測記録とともに、「あるときは炎を従え、あるときは雷光と氷の刃を従える」と煌黒龍の存在が記述されているのみである。この属性の変化は体内器官の不安定さによるもので、自身でも完全に制御できず、天候や地域の環境をも左右してしまうことがあり、それが異常気象の原因である。
 アルバトリオンの見た目はまるで様々なモンスターが組み合わされているようで、自然界で発生するとは思えない見た目であり、動きも他のモンスターや古龍達の動きや攻撃法を持っており、鳴き声もテオ・テスカトルのような鳴き声を発する。更に特異能力である複数属性制御も自然に発生したとは思えない上に自らが制御出来てないという事を踏まえると何かにその能力を植えつけられた可能性が濃くなる。このことからアルバトリオンは古代人が創り出した生物兵器、「竜機兵」の一体という説もあるが定かではない。』モンスターハンター(Jan.31,2012,16:36 UTC). 
In Wikipedia:The Free Encyclopedia.Retrieved from(http://p.tl/ncWF)

 

Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Writer

*JuJu*

Author:*JuJu*
日々の狩猟記録や、狩りに纏わるお話を綴っています。
重弩を用いた攻撃支援術専攻。

dos:JuJu
P2G:JuJu
WiiG:JuJu
tri:JuJu,Volf
P3:Kirsch
triG:Volf

Produced by しゃる
※当ブログのバナーです。
ご自由にお持ち下さい。

Twitter

Recent

Comments

openclose

Index

MH3 (59)
一匹狼 (12)
愛銃・猟装 (7)
デュオ (5)
雑記 (33)
MH3G (16)
MHP3 (5)
MHP2G (9)
未分類 (10)
MH4G (0)

Tag Cloud+Search

Link

Owner's Link

Guns Clan (BBS)

Mail

お問い合わせはこちらから。
お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

About

当ブログの「モンスターハンター」シリーズに関する事項の著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。

Visitor