FC2ブログ

2020-08

深淵の雷鳴。

闇のセカイ

……ん、どこだ。ここ。

ヴォルフは暗闇の中に一人、立っていた。
その身には狩猟具足を纏い、背中には重弩を背負っている。いつもと何も変わらない。
だが、辺りを灯すものは何もなく、小煩い奇面族の二人の姿も見えない。
狩りの途中だったのだろうか…、ならば二人とは逸れてしまったのだろうか…。
記憶を探りながら思いを巡らし、辺りを見回すが何もない。
そこにはただ、“狩人”と“闇”が在るだけだった。

「ここはどこなんだ? 一体……。
 おーい、誰か…、いないのか…?」

闇に声をぶつけてみても、呼びかけに応じる声は何処からもなく、
己の声が質量のない空間に谺するだけ。
どこまで存在するかわからないその空間は、ただの壁のように冷たく重い。
どうしようもない孤独が彼を襲ったそのとき、闇の先に“影”が現れた。

「…来たか。白き狼の名を持つ狩人よ。」

背後から、誰かの声が耳を打つ。
向こうは自分のことを知っているらしいが、生憎、声の主に憶えはなかった。
ともあれそれは、孤独の闇に現れた新しい“存在”。
ヴォルフは振り返り、不明の声の主に縋るように頼りない声を発した。

「アンタ、誰なんだ?ここは一体、どこなんだよ…!」

影がこちらの問いかけに応じる様子はない。
ふっと湧いて出た希望は、瞬く間にさらなる不安へと変換されてしまう。
辺りには変わらず光はなかったが、少しずつ慣れてきた目を凝らしてみた。
その影は人の成り容をしているようだ………が、
人間ではない、〝何か別の存在”…そんな直感に襲われた。

「……数々の難局を乗り越え、屈強なモンスター達をねじ伏せた力量、賞賛に値する。」

言葉を続け、影はこちらに歩み寄る。
ヴォルフは咄嗟に身構えるが今のところ殺気は感じない。
…いや、殺気どころかその影からは何も感じないのだ。
ここに居るのに、居ないような…。
敵なのか味方なのか?自分は此処にいるのか?
錯綜し続ける目の前の状況に、浮かぶ数多の疑問に、思わず頭が混乱する。

「…高き極みへの到達を渇望する者よ!」

影が次の言葉を発したその瞬間、
辺り一帯を包んでいた闇が滞留していた空気ごと消え失せ、
突風が吹き抜けると同時に視界が明るくなった。

「うっ…!?」

まるで、洞窟の中でありったけの閃光玉を投げたような突然の光の来訪に目が眩む。
ヴォルフは、反射的に瞼を固く結び、手の甲を眉に宛がう。
間を置いて拳を解き視界を開くと、鋭い陽の光とぼやけた風景が目に射し込んだ。
視力が回復するにつれ思考が忙しく働き、ヴォルフに告げる。
彼は、告げられた自分の今置かれた場所に、驚きを隠せなかった。

陸の闘技場

「ここは…!闘技場!?」

そこは見慣れた陸の闘技場。
観客席からの激しい声援と野次に打たれ、ギルドの旗が靡いている。
目玉を転がすように辺りを見回す。なぜ闘技場に?そして、あの影の正体は?

ヴォルフは再び振り向くと、そこには“白装束の竜人”が佇んでいた。
装束だけではなく、頭髪も肌も全身が白く彩られた竜人からは高貴でいて、
先刻までは感じることのなかった、殺気に満ちた威圧感が放たれている。
彼は外套を翻し、研ぎ澄まされた眼光とともに指先を突き付けた。

「さぁ、白き狼の名をもつ狩人よ。
 この試練に挑むがよい!」

“白装束の竜人”はそう言い放つと、全身から青白い光を瞬せた。
光?違う、これは電撃…!!

「うわぁぁぁぁぁぁ!!」

再び視界が白く満たされる。
今度は闇ではなく、“白き雷”にその身を囚われ、そして奪われた。
自分が今、立っているのか倒れているのかすら解らない。
薄れゆく意識の中でヴォルフを支配したのは、“白装束の竜人”の高笑いだった。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dmc888.blog82.fc2.com/tb.php/123-da3ebc8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

双界の招待。 «  | BLOG TOP |  » 赤銅のメダル

Writer

*JuJu*

Author:*JuJu*
日々の狩猟記録や、狩りに纏わるお話を綴っています。
重弩を用いた攻撃支援術専攻。

dos:JuJu
P2G:JuJu
WiiG:JuJu
tri:JuJu,Volf
P3:Kirsch
triG:Volf

Produced by しゃる
※当ブログのバナーです。
ご自由にお持ち下さい。

Twitter

Recent

Comments

openclose

Index

MH3 (59)
一匹狼 (12)
愛銃・猟装 (7)
デュオ (5)
雑記 (33)
MH3G (16)
MHP3 (5)
MHP2G (9)
未分類 (10)
MH4G (0)

Tag Cloud+Search

Link

Owner's Link

Guns Clan (BBS)

Mail

お問い合わせはこちらから。
お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

About

当ブログの「モンスターハンター」シリーズに関する事項の著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。

Visitor