2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈍き眼光

P2G-005

──油断した。
あと一発くらいならと引金を引いたコンマ数秒前の自分を呪った。

頬を伝う冷や汗がしたたり落ちるよりも速く、一縷の判断を誤った私に真珠色の柔皮がふわりと被さる。
触るだけならブヨブヨしているそれは、まるで高速で振り下ろされる特大の槌のように、
モンスターというよりも人間の断末魔を思わせる世にも奇妙な叫びを発して襲い掛かってきた。
私は足元の固い土を抉り、発生する風圧を利用して覆い被さろうとする影の外に這い出た。
次の瞬間、白い大槌が打ち付けられる。
硬い氷原を派手に転がり体中擦り傷だらけだがどうにか最悪の事態は逃れた。

体勢を起こし顔を上げた束の間、フルフルと目が合った気がした。
背筋に悪寒が走る。私はどうやら覚悟を迫られているようだ。

暗がりを好むが故、遥か太古に退化したはずの目。
それは確かに私を見据え、眼光を閃かし、静かにゆっくりと口を開く。
闇からの解放を待つ電流だけが、私の未来を知っていた──。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dmc888.blog82.fc2.com/tb.php/145-7ecb8694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オオカミの砲声が聞こえたなら «  | BLOG TOP |  » 魚竜よ、踊れ

Writer

*JuJu*

Author:*JuJu*
日々の狩猟記録や、狩りに纏わるお話を綴っています。
重弩を用いた攻撃支援術専攻。

dos:JuJu
P2G:JuJu
WiiG:JuJu
tri:JuJu,Volf
P3:Kirsch
triG:Volf

Produced by しゃる
※当ブログのバナーです。
ご自由にお持ち下さい。

Twitter

Recent

Comments

openclose

Index

MH3 (59)
一匹狼 (12)
愛銃・猟装 (7)
デュオ (5)
雑記 (33)
MH3G (16)
MHP3 (5)
MHP2G (9)
未分類 (10)
MH4G (0)

Tag Cloud+Search

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Owner's Link


・MH3オフィシャルウェブサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Guns Clan (BBS)

Mail

お問い合わせはこちらから。
お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

About

当ブログの「モンスターハンター」シリーズに関する事項の著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。

Visitor

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。