FC2ブログ

2020-08

火竜の巣と狩りの本質

僕はその場に立ち尽くした。

最後に放った弾丸の熱を帯びた砲声と

雌火竜の断末魔と呼ぶにはあまりに艶やかな声が

耳に頭に全身に谺する。

足元には無数に積み上げられた骨柄のベッドに二頭の火竜が静かに、

それでいて激しく横たわる。

空の王者と陸の女王、番いの双火竜。

この二頭の絆に打ち勝つことはできても断ち切ることはできなかった、

できなかったのだ。

狩るものと狩られるものの命運を呪ったとしても

己が狩人であることは恥じてはいない、

恥じてはならない。

全身侵していた音が和らいていく。

僕はキールの斜角を目一杯あげて空の青に一発放った。

この砲声は僕の心の叫びだった。

砲声

頬を伝う雫の意味を問う、僕の心の。

                                 ―『オオカミの手記』より *******************************************

『空の王と陸の女王』

街★★★★★★
制限時間:50:00
指定地:孤島
主目標:リオレイア1頭とリオレウス1頭の狩猟
狩猟環境:不安定

依頼主:島の警備隊長
依頼内容:
この依頼は歴戦のハンター向けである事を先に言っておこう。
リオレウスとリオレイアが揃っているときの恐ろしさはわかるな?
しかも今は最高に気が立っている繁殖期だ!一瞬の油断で丸焦げに
されるだろう。危険だが頼む!

*******************************************

▼兵装
武器:キール・ロワイヤル

頭:スカラーフード
胴:スカラーベスト
腕:べリオガード
腰:ハンターGコート
脚:ブナハGレギンス

スキル:自動マーキング、回避性能+2、装填速度+1、最大生産数

▼概要
双火竜戦で単独狩猟においても火竜の巣をメインに据え卵を上手く使い誘導、乱戦の方法が大変有効
であるが、個人的にエリアの傾斜と集中の継続の難しさ、狩猟のスタイルからいって水が合わないので。
本狩猟は交互法と煙幕法を採用しつつ、乱戦は積極的に同志討ちを狙う。
攻撃は通常弾で立ち回りやすいレウスに傾倒させて先に沈めたい。休眠時は爆弾発破も敢行。
以上をもって双火竜戦の夫婦の絆に再度立ち向かう。

*******************************************

▼狩猟記録
BCからスタート。エリア3に向かいレウスと接触を図るもエリア7に移動。
追跡しエンゲージ。

・エリア7 リオレウス戦
L2通常弾で射撃を開始。空の王者が咆哮で開戦のゴングを打ち鳴らす。
狙うは頭、次点で腹。まだエンジンがかかってないのかやや精度に欠ける立ち上がり。
少し慎重になり過ぎているのだろうか。ほどなくしてレウス離脱。

・エリア2 リオレウス戦(合流)
火竜の巣から崖下広場へ。レイアと接触後エリア2のレウスの元へ。
一度目の撃墜を奪いレウス怒り移行。その咆哮を聞きつけてレイアが飛来し、最初の合流。
同志討ちを誘いつつ狙撃を試みるが手を出していける隙はほとんどない。
欲を張ったところでリスクの方が高いので、2頭の動きをかき回す事に集中する。
滞在時間の経過の差でレウスが離脱。そのままレイアと交戦するがレイアも離脱しエリア3へ向かう。
捕食と判断しレイアを追跡。

・エリア3 リオレイア戦
予想通りレイア捕食開始。ちょうど瓢箪の真ん中辺りで少し場所が悪い。
そろそろ怯むはずと頭一点で狙撃するが捕食終了。直後に怯む…。
腹を満たした女王そのまま怒り移行。レウスの動向を気にしつつ瓢箪の東側へ誘導する。
ヴォルフの狙撃精度が上がってきている。時計の針は10を数えていた。
頭部を破壊し彼女の逆鱗に再び触れた頃レウスが飛来。けむり玉を準備する。
煙幕を張りながらL2通常弾を調合。三個目を放った頃にレウス離脱、彼女との逢い引きを続ける。
…とレイアの発覚マークも一時消える。けむり玉の効果ってやっぱりすごいねぇ。
慌てて翼にちょいっと弾を引っ掛けると右翼を破壊。やはり乱戦のダメージも少なからずあるようだ。
レイア離脱、エリア7へ。

・エリア7 リオレイア戦(合流)
エリア2にて捕食の後を確認、レウスだ。そのままレイアを追いかける。
レイア撃墜を奪った頃レウス飛来。逢い引きはここまでのようだ。二度目の乱戦に突入。
レイアの熱いヴェーゼがレウスの両翼を破壊する。レイアが離脱し残ったレウスと交戦する。

・エリア7 リオレウス戦
被弾はないもののここで少しレウスにペースを乱され狙撃精度が落ちる。
やはり乱戦は精神力を消耗する。レウス離脱、エリア3へ。補給を済ませ追跡する。

・エリア3 リオレウス戦 
けむり玉を準備しつつ東へ誘導。レイアは隣のエリア2だ。
水浴びをしていたアプノトスの親子が避難を終えた頃レイアが飛来するが煙に巻かれ離脱。
なかなかけむり玉が手に付いてきたかもしれない。L2通常弾もなかなかいいペースで消費。
針が20を差す頃レウス離脱、捕食に向かうようだ。

・エリア3 リオレウス戦(合流)
食事中の王のテーブルにひたすら弾を埋め込む。これはたまらないと頭を垂れる王。
そして逆鱗に触れた頃にレイア飛来。王との謁見を続けつつ女王にちょっかいを出す。
途中なぜかアプノトスが介入により少々肝を冷やす。(「来ちゃダメだって言ったろ!」)
アプノトスの離脱を見送った頃にレウスの疲労を確認。…さっき食べましたよね?
レウス離脱、捕食を確信し追跡。エリア3に先回りしL3竜撃弾をテーブルに添え王の来店を待つ。

・エリア3 リオレウス戦
極上のステーキに舌を焦がしたのか後ずさる。上手く捕食を阻止できた。
立て続けに爆撃を浴びせた後に、閃光玉投入。弾を電撃弾に切り替えてまとまったダメージを
奪いにいく。途中女王が来店するが居留守を決め込み煙に巻く。
レウスが怒り移行後程なくして脚を引きずり離脱、エリア7へ。時計の針は30を指していた。

・エリア7 リオレウス戦(合流)
L3竜撃弾で転倒を奪った頃レイア飛来。これが最後の乱戦になればいいのだが…。
瀕死のレウスが離脱。休眠するまでレイアと踊る。レーダーがレウス休眠を知らせる。
レイアの手を解きエリア8の寝室へ。

・エリア8 リオレウス戦(合流)
ブナハに怯えつつ爆弾発破を敢行。だが虫の息でも恐いのはレウスの方だ。
むくりと立ち上がるレウスに舌打ちをしつつ二度の咆哮をくぐる。
レイアの飛来を確認し転倒させたレウスにL3竜撃弾を撃ちこむがレウスはまだ沈まない。
再乱戦は免れなかった。ふと脚を引きずるレウスが飛翔。離脱か、と思いを巡らせると毒爪が
ヴォルフを襲った。意識が朦朧とする中で今度はレイアの爪と次いで牙が襲いかかった。
なんとか拘束を解除し秘薬でリカバリー。この時間の猫車はすごく乗り心地が悪い、助かった。
2頭同時の大咆哮をくぐり閃光玉を放る。同時に撃墜、拘束に成功しすぐさまレウスに的を絞る。
必死にトリガーを引き弾を詰め込み、レイアの拘束が切れた直後に…最後はレイアのヴェーゼで
レウス撃沈。少々士気を奪われたがこちらとしてはしてもやったりと言えるのだし。
しかし、こんな時の彼らの心境というのは一体どういうものなのだろうか…。

・エリア8 リオレイア戦
時計の針は35、じきに40だろうか。
レイアとのこれまでの交戦時間と乱戦ダメージから言って両討伐を期待はできるが少々厳しい。
火竜の巣の闘いづらい傾斜にも士気を削がれるがそうも言っていられない。
ギルドの交信で残り時間を知らせた辺りで弾調合を焦ったヴォルフに毒を帯びた日輪が描かれる。
体力は余裕があったものの毒が引くまで時間は待ってはくれない。すぐ秘薬を飲み干す。
だが流れはレイアのペースのままで被弾が続く。ヴォルフに焦りが見え始める。
リカバリーを終えた頃レイアの疲労を確認。L2睡眠弾を投入し爆弾発破に望みを賭ける。
(途中、爆弾調合の失敗に焦り爆風に巻き込まれる。)
レイアの離脱を視野に入れL2麻痺弾で撃墜、拘束。続けて電撃弾を射撃。
何発か撃ち込んだところで再飛翔し離脱。間を開けず崖下広場にダイヴする。

・エリア5 リオレイア戦
アプノトスの居るエリア2に先回りするがレイア捕食には来ず。
エリア5に留まる。もしかしてと引き返しエリア5に侵入すると火球が飛んできた。
どうやら食事はお預けのようだ。閃光玉を放り電撃弾を詰めていく。
程なくしてギルドの警告とともに時計の針が赤く染まった。頬を汗が伝う。
落ちた汗が猟装に燻ぶる残り火でジュッと音を立てた頃、ついに女王が脚を引きずった。
最後の閃光玉を放りL3竜撃弾を見舞う。拘束解除後にヴォルフは先回りして離脱する。

・エリア8 リオレイア戦
じゃれてくるジャギィに目もくれず走りながら補給をする。いくつかのもえないゴミを量産
しなが高台に手を掛ける。(リカバリー中にブナハのキスがヴォルフを襲う。)

エリア8侵入後、爆弾発破を敢行。女王はすぐさま起き上がり侵入者に牽制するがその咆哮に
もう力は感じられない。ヴォルフも焦りを隠せないながらもスコープを覗く眼は曇っていない。
曇らせてなどいられない。ちらりと時計を気にしてトリガーに再び手を掛けた頃、レイア撃沈。

双火竜002

無死、49:18両討伐。

▼消費
L2通常弾×384
L3竜撃弾×8
電撃弾×36
L2睡眠弾×3
L2麻痺弾×3
回復薬G×5
秘薬×2
元気ドリンコ×8
けむり玉×8
大タル爆弾G×6

*******************************************

▼総評
両討伐と相成ったものの課題は多く残る。
まずは突進後の『弱点狙撃』。
腹→頭→頭だと集中を欠いているとエイムが困難な上振り向き中の頭に的を合わせたまま回避すると、
ハンターの向きが斜めになっている為火竜の脚に引っかかる恐れがある。
(2発目を翼覚悟で腹に、もしくは頭が回ってくるのを待ってスルーした方が安全。)
だが一つの狙撃の「型」としては悪くなく狙撃の面白味でもあるので以降は柔軟に織り交ぜる方向で。

次に『クエスト運び』。
概要の通りまずまずの運びではあったものの時間ががが。
キーともいえる乱戦での同志討ちはこれまでの経験と多少の運が要求される。
同志討ちのダメージ総量でいったらおそらくレイアの方が上で、結果レウス討伐に時間を要し焦りで
終盤に被弾が増している。効率を考えた交互を別にしてもレウスに傾倒しきれなかったのが反省点。

ただし。
孤島のフィールドを双火竜と共に存分に駆けまわった狩猟はやはり楽しかった。
地形を生かし細かい状況判断を要する本狩猟は狩人の本質を試されるものかもしれない。
双火竜を制する、本当の意味での「絆」への挑戦であったと云えるだろう。

特にエリア3にて用いた煙幕法は非常に優秀で本狩猟の達成に多大に貢献してくれた。
集団、単独を問わずして改めて有効さを知ることが出来たので今後も活かしていきたい。
発案者の山猫さんに感謝と尊敬の念を道標をもって礼とし本狩猟を締めくくるものとする。


▼参考文献
「村に帰って、机について」様

・山猫歩き(ソロ)
・山猫ラボ(TIPS)


※補足 双火竜戦におけるけむり玉の運用について触れられているものは僅かですが、
けむり玉の本来の有効性や運用方を示した数少ない貴重な文献です。
関連記事

● COMMENT ●

友へ

good job!(よく頑張ったね!) お疲れさん♪

お久しぶりです~^^

ご無沙汰してますwヴォルやんw

リュートさんからヴォルのメッセージを伺いました^^
ありがとう(>_<)まだ私のことを気にかけてくれて・・感動~~;;

MHFで無駄にHRばっか稼いで、、実の伴ってないハンター?やってます;;
ヴォルの試行錯誤の充実したクエを見てると、、
フロンティアでの自分の狩りや、周囲の狩りのおもしろくないことを痛感します。。(==;

ガンナーでは、無駄に拡散祭りしたり。。弱点狙わないで、弾撃ってる人も見かけます。
拡散強いの分かるけど部位破壊も狙ってよ;;とか、
超速射?!強いの分かるけど近接武器がモンスターに群がってるのに、、><;や、
睡眠爆破の仕方を分からないとか、、痛いハンターさんだらけです。。;;
私ももれなく入りますけどね;;それがまた痛い;;

ヴォルの今後の動向を楽しみにしておるファンです^^

嫉妬と矛盾>むすたでぃおさん

ムスタさんいらっしゃい!
大変お待たせして申し訳ない;

労りの言葉ありがとうっ。
なんだかその一言に全てが詰まってるような気がするよ。
この記事の芯の部分みたいなのは街でお話した通りなんだけど
ムスタさんが言ってたように越えられない種の壁みたいなものへの
嫉妬みたいのもあるかもしれないね。

自然界ではきっとすべての生き物がハンターであってさ。
それによって形成された構図が生態系だとするならば、狩るものと
狩られるものに別れるよね?
ヒトという名の生物も本来なら例外ではないはずなんだけど
“それ”に抗う力をもつことを許されたのが人間であって。
ハンターを名乗る以上は「狩るもの」でなくてはならないけど、
良心の呵責に苦しむのはやっぱり人間だから。
そんなどうしようもない矛盾を抱えて揺れても生き抜くためには尚強く
在らなくてはならない。きっとヴォルフはそんな事を思っているのです。

ところでこの狩猟の動画の件なんだけどPCが不調なのか前回みたく
思うように編集ができなくてできなくて;
UPは当分先かもしれないなぁ・・・ごめんね。
良ければ気長に待ってやって下さいなー。

ではまたいつもの酒場でっ。

ハンターフォー>TAMA3(弓姫)さん

たま姫いらっしゃーい!
長らくお待たせしてごめんね;

お久しぶりですー。
MITUさんを介してリュート君から伝わったみたいね、良かった。
前回コメントくれた時からずーっと気になっててさ。
そんな折にMITUさんがわざわざ来てくれたからお願いしたんだよ。

ふむふむ。向こうでは色々と悩みがあるみたいね。
まず戴いたコメントを読ませてもらって思ったのは
「たまちゃんはモンハン好きなんだなー」ってこと。
好きだから楽しみたいけどなかなか上手くいかないもんだよね。

大事なのはたまちゃんが何をしてて楽しいのか、
どうモンハンと向き合っていきたいのかだと思うのよ。
それが見えてくれば「自分はこうやりたいんだー!」って
示す事もできて同じ匂いを持つ仲間もできるんじゃないかな。
うん、触発されたから記事にするね(笑

いつもご訪問ありがとう。
これからも楽しんで戴けるよう頑張ります。
またいつでもおいでー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dmc888.blog82.fc2.com/tb.php/55-b9e095cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

湯煙の里と子猫 «  | BLOG TOP |  » 蒼冥の宴

Writer

*JuJu*

Author:*JuJu*
日々の狩猟記録や、狩りに纏わるお話を綴っています。
重弩を用いた攻撃支援術専攻。

dos:JuJu
P2G:JuJu
WiiG:JuJu
tri:JuJu,Volf
P3:Kirsch
triG:Volf

Produced by しゃる
※当ブログのバナーです。
ご自由にお持ち下さい。

Twitter

Recent

Comments

openclose

Index

MH3 (59)
一匹狼 (12)
愛銃・猟装 (7)
デュオ (5)
雑記 (33)
MH3G (16)
MHP3 (5)
MHP2G (9)
未分類 (10)
MH4G (0)

Tag Cloud+Search

Link

Owner's Link

Guns Clan (BBS)

Mail

お問い合わせはこちらから。
お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

About

当ブログの「モンスターハンター」シリーズに関する事項の著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。

Visitor