FC2ブログ

2020-08

踏み出す一歩

仲間と共に虹を見ることが叶い、そして三界を制覇。
当面の目標に到達したので今はまったり足りない素材を集めるなどして
過ごしつつ、自分のスタイル確立への糸口を模索中。
旧友との再会なども経て野良にも少しずつ参加しています。

そんなこんなでちょっとお休みしてたヴォルフを起こしてロックラックにも
顔を出して景色の違いなんかも味わいながらキールのメンテナンスを重ねてみたり。

相棒にも言われたけど、少しの間でもほったらかしにしてた愛銃はすごく
拗ねちゃってるんじゃないかなぁなんて思ってたんだけど、
ラックから取り出して薄く埃を被ってはいたけどすごく優しく受け入れてくれて。
これまで自分が「彼」にかけてきた愛情を返してくれた気がしてちょっと涙が出ました。
僕はこの街で本当にガンナーになれていたんだなぁ。

湯煙の里でのキルシュは信頼や愛情が注げるヘビィがなかなか見つからなくて、
見つけてあげられなくてすごく申し訳ないなぁなんて思っていたけど。
落ち込んでいるときに胸を貸してくれた相棒や暖かく迎えてくれる仲間とキールがいて。

なんだか自分の悩みなんてちっぽけだなぁと思えた折に、
さふぃさんの記事を拝見しました。

うん、目が覚めた。
なんだか感じていた焦りがどっかにいってしまいました。

僕はこれまでそれなりに長いこと狩人稼業をやってきました。
オンラインの狩猟はここ2年くらいで本職をガンナーに据えてからは
ちょうど1年くらいでしょうか。
ロックラックでアセンブルとボウガンの楽しみを知って。
独学でボウガンを学び始めて今の狩道に出逢って。
正直村の技量に感銘を受けて、恐れ戦いて研鑽の旅に出て。
互いに切磋琢磨できる相棒と狩りの楽しみを分かち合える仲間に出逢えて。

そうして自分がこれまでに築いてきた「最高の一戦」はどれも
越えられないものであり、別の場所でまた別の場所のルーツのみに頼って
同じ舞台を演じようとしたり、あまつさえ越えようとすること自体が
大きな間違いなのであるということ。

ヴォルフはヴォルフ。キルシュはキルシュ。
同じには決してならないしそうである必要はまったくない。
きっとどこかで、ヴォルフの旅の道程をキルシュが引き継ぐのだと
考えてしまっていた自分がいたんだなぁと。
ロックラックでの旅はまだ途中だし、ユクモ村では歩き出したばかりなのに。
回復弾が散ろうがライトに水を空けられようが、それがヘビィを担がない理由には
ならないもんね。ヘビィの支援は麻痺弾と回復弾だけじゃないんだし。

今は麻痺弾も回復弾もあまり扱わず、通常弾ばっかり撃ってます。
狙撃での怯みの誘発や撃墜なんかの支援術を研究中。
状態異常弾の様な支援と比べれば地味だけどこれがやっぱりヘビィの特権かなと。
拡がり過ぎた視界をちょっと絞ってみてまずは面白いことだけ掬い出してやっていくってのも
新しい景色が見れるキッカケになるんじゃないかな。
思えば自分の狩猟スタイルの構築って、簡単なものではないんですよね。
それは技量だけじゃなくて自分の思いを吹き込んだ武具、その狩場で過ごした時間の密度、
支えてくれる仲間との絆があって初めて辿り着く境地。
「最高の一戦」は、こうして生まれるんだ。

停滞を旅の終わりとするならば新たに歩き出す具足を揃えればいい。
それにどんなに時間を要したって誰も置いてはいかない。
もし揃わなかったら次の鐘を待てばいいんだ。

新しい気持ちでのんびり、そしてじっくり。
この湯を味わっていこう。

最後に誠勝手ではありますが大事なキッカケを下さったさふぃさんにお礼申し上げます。
ありがとうございました^^
【参考文献】サフィニア邸で休日を 様


関連記事

● COMMENT ●

的を得てないかもしれないけど私の思い。

3rdもうクリアしたのかな?
おめでとぅ~~~!^^

私は最近やっと上位になったばっかりだよ~><
良く言えばマイペース。悪く言えば・・・なんだろ?のろま?><w

最近私のブログで「まだ下位なの?」的なことを言われてキレたくなったんだけど、JuJuさんに言われた「瑠璃のペースで~」がとても心に残ってるので、良くも悪くも(?)開き直りました(^-^;
着実に一歩ずつ行きたいからね。

ボルさんはボルさんだし、きっとキルシュちゃんはキルシュちゃんだよね?
なつはなつだし、瑠璃は瑠璃だよ。

いつか再会できるであろう日にお互いが「おぉ~~~(驚)」って言えるくらいトライの時とは違ってる(成長してる?)かもしれないのを楽しみにしてます^^

きっとキルシュちゃん(ボルさん)にツッコミまくられそうだけどね~www

まだまだお互い旅は終わらないよー!!

一日一歩

ぼるさん、こんばんは~!

最近、ロックラックに入り浸りのむすたです(笑)。


思い描いた通りにならないときってどうしてもマイナス思考に陥りますが、不安
や焦りを抱いたときには相談できる仲間がいて、相棒がいる。

それってとても心強いんですよ!いつも感謝しきりです(笑)!

ぼるさんと出会い、様々なハンターさんともお知り合いになることができ、ここ
にいてとても良かったと常々思っています。ここのところ寂しい思いをした事が
ないです(笑)!


ただ最近、なかなかデュオを組めずに申し訳ないなぁと反省していますm(__)m


でも、しっかり腕は磨いているから安心してくださいね(笑)!


・・・これからも歩み続けるぼるさんの姿に期待してるよ!
(オレも弱点克服してすこしずつ進歩してるのよー笑)

この続きはロックラックの狩場で! ノシ

意外と的を得たかもしれないと、僕は思う>なつさん

なつさん、いらっしゃーい!
湯煙の里は、一通りの景色は見てきたよ。
まだまだ、やりたいこともたくさんなので、継続中です。
でも今はロックラックメインに活動中。

上位昇格おめでとう!
のろまなんてとんでもない。素晴らしいじゃないか!
お祝いしてあげたいくらいだよー。
オーダーは、オレンジジュースとミルクでいいかな?(笑

キレちゃダメだよ。「着実に一歩ずつ」、それが大事さ。
早い、遅いなんて、誰に言われるものではないの。
歩くのは自分なんだから、しっかり足跡付けていこうぜっ。

なつを鼓舞しつつ、僕も励ましてもらえたことに感謝するよ。
ありがとう^^

まだまだ旅の途中。
お互いが、お互いであるために、明日のために。今日を踏みしめていこう。

そして願わくば、日進月歩>むすたでぃおさん

ムスタさん、こんばんは!
そしていらっしゃいませ^^

同じくロックラックに(ry
うんうん、激しく同感です。

プライドの高い自分にとっては、弱みを見せれる仲間の存在が、
非常に大切だと、日々感じています。
共に歩める友というものは、何物にも代え難いです。

「思い描いたものが叶わなくたって、きっと仲間がなんとかしてくれる。」
そう思える自分は、幸せ者だなぁってつくづく思います。

僕も、僕らの”輪と和”が実を結んでいる事は、とっても嬉しいですね。
それはやっぱり、ムスタさんと二人だからできることだと思っています。
これからも、仲間と共有できる時間が、より良いものなっていったら良いねー。

ディオの時間が取れないのは、少し淋しいですが(笑
それぞれの事情があって然るべきですから、反省なんてとんでもない!
むしろ、いつも感謝していますよ^^

僕の方も、ソロリストを再開したりだとか、腕は磨いているしね。
遅れをとらないように、切磋していきましょう!
もちろん、今後のムスタさんの躍進にも期待していますよっ!

では、またいつもの狩場で。のしの


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dmc888.blog82.fc2.com/tb.php/70-ba00f9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

砂煙の舞踏会・前篇 «  | BLOG TOP |  » そう、いつだって

Writer

*JuJu*

Author:*JuJu*
日々の狩猟記録や、狩りに纏わるお話を綴っています。
重弩を用いた攻撃支援術専攻。

dos:JuJu
P2G:JuJu
WiiG:JuJu
tri:JuJu,Volf
P3:Kirsch
triG:Volf

Produced by しゃる
※当ブログのバナーです。
ご自由にお持ち下さい。

Twitter

Recent

Comments

openclose

Index

MH3 (59)
一匹狼 (12)
愛銃・猟装 (7)
デュオ (5)
雑記 (33)
MH3G (16)
MHP3 (5)
MHP2G (9)
未分類 (10)
MH4G (0)

Tag Cloud+Search

Link

Owner's Link

Guns Clan (BBS)

Mail

お問い合わせはこちらから。
お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

About

当ブログの「モンスターハンター」シリーズに関する事項の著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。

Visitor